子ども部屋の選択肢

子ども部屋の選択肢株式会社とわの巧創子ども部屋の選択肢株式会社とわの巧創

メニューを開く

blogブログ

ブログ

2019/11/14

会社ブログ

子ども部屋の選択肢

子ども部屋の選択肢

おはようございます。

とわの巧創の伊藤です。

弊社では、1階に子供部屋のプランをオススメさせていただいております。

その理由は、そうする方が、

デメリットに比べて遥かにメリットが多いからです。

  

子供部屋を1階につくるデメリット

子供部屋を1階につくった場合、

子供たちが思春期になった時、

子供たちのプライバシー確保がしにくくなります

また、子供部屋が、

リビングダイニングに接している場合、

音が気になる方もいらっしゃいます。

一般的には、子供たちの方が先に寝るので、

夜リビングでテレビが見にくくなってしまうのではないか?

という感じですね。

  

子供部屋を1階につくるメリット

●リビングが散らかりにくい

まず、1つ目のメリットは、

リビングが散らかりにくくなることです。

というのも、リビングダイニングに散乱する荷物のほとんどは、

子供たちのモノだからです。

2階に子供部屋をつくった場合、

子供たちは自分の部屋にいつも使うモノを持って行きません。

いちいち階段を上り下りするのが面倒臭いからです。

結果、パジャマ、学校道具、塾道具、おもちゃ、制服といった、

常時使うものは間違いなくリビングダイニングに

置きっぱなしになります。

そして、リビングダイニングが雑然とした状態になります。

また、キレイに片付かないどころか、

モノにあふれたリビンダイニングは、

掃除さえもしにくくなってしまいます。

その点、子供部屋が1階にあると、

それらの荷物を自分の部屋に持って行きやすくなります。

結果、リビングダイニングはスッキリ保ちやすくなるし、

モノがないため、掃除もしやすくなります。

子供のモノをいちいち片付ける必要がない

小さな子供は、散らかすことが仕事のようなものです。

あなたが、どれだけ片付けても、

すぐにまたどんどん散らかしていってくれます。

それがリビングダイニングなら、

毎日根気よく片付けをし続けないといけませんが、

それがリビングダイニングではなく、

子供部屋であるならば、

いちいち子供たちが散らかしたおもちゃを、

片付ける必要がありません。

つまり、子供部屋が1階にあれば、

そこは子供たちが小さいうちは、

子供のモノの収納となり、

また、子供たちだけのリビングとして使える空間となるわけです。

●無駄なコストを大幅にカット出来る

親御さんがいつでも泊まれるように、

和室をつくりたいとおっしゃる方がいます。

しかし、和室をつくれば、

それだけで200万円前後のお金が掛かることになります。

その点、子供部屋を1階につくると、

和室をつくる必要がなくなります。

子供部屋は、子供が小さいうちは、

寝室として使ってないからです。

つまり、親御さんが泊まりに来たら、

子供部屋で寝てもらえばいいため、

そのためだけに和室をつくる必要がなくなるというわけです。

親御さんが泊まるのは子供たちが小さいうちだけですからね。

安心して友達を呼びやすい

ママ友が子供を連れて家に遊びに来た時、

子供部屋が2階の場合、

子供たちのことが気になって、

ゆったりくつろげないのではないでしょうか?

その点、子供部屋が1階にあれば、

ダイニングでママ友とおしゃべりしながら、

隣の部屋で遊んでいる子供たちを見ていられるので、

安心しておしゃべりを楽しむことが出来るようになります。

また、子供たちも、

お母さんの気配を感じながら遊べるので、

安心して遊べるようにもなりますよね?

老後もずっと住みやすい

家を建てる時は、まだまだ健康だし、

身体が悪くなることなんて想像出来ないため、

どうしても今のことだけを考えて家を建ててしまいます。

しかし、誰もが同じように歳をとるし、

もしかしたら、将来膝や腰が悪くなってしまうかもしれません。

そして、膝や腰が悪くなれば、

2階の部屋は一切使わなくなってしまいます。

それゆえ、出来るだけ

2階は少なくすることが望ましいのですが、

仮に1階に子供部屋をつくっておけば、

その部屋を将来自分たちの寝室として使えるようになります。

やがて、子供たちは家を出て行き、

夫婦だけになる可能性が高いからです。

もし、将来1階に部屋が不足すれば、

増築せざるを得なくなってしまいます。

そして、そのために

500万円以上もの出費が必要となってしまいます。

あるいは、その費用が捻出出来ないのであれば、

狭くて、不便で、使いにくい家で、

体にむちを打ちながら住み続けないといけなくなってしまいます。

いかがですか?

多くの方が、人数が最大の時のことを中心に考えて

間取りを考えてしまうため、

面積もコストも大きくなってしまいますが、

将来は夫婦2人だけになる可能性が高いため、

実際は、それを視野に入れつつ間取を考えるようにすべきです。

結果的に、それがコストカットにもつながるわけですし、

掃除や管理の手間のカットにもつながるわけですからね。

ですから、将来、金銭的にも時間的にも

より豊かなセカンドライフを実現するためにも、

子供部屋のつくり方について、

今一度夫婦でしっかり話し合っていただければと思います。

 最後までお読みいただきありがとうございます。

次回の更新をお待ちください。

会社ブログ

Contact

お電話でもイベント参加・ご相談など受け付けております。
お電話の際は「ホームページを見たのですが・・・」とお知らせください!

お電話でもイベント参加・ご相談など受け付けております。お電話の際は「ホームページを見たのですが・・・」とお知らせください!

営業時間/9:00~18:00(定休日/不定休)

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 株式会社とわの巧創. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd . .ABABAI.